4年勤めたGMOインターネット株式会社を退職します。

はじめに

2017年度の新卒で入社したGMOインターネット株式会社を4年2ヶ月で退職いたしました。 様々な人にお世話になったこと自分自身の成長に繋がったことを考えれば本来であれば直接ご挨拶をすべきところ、このような形で失礼致します。しかし、普通に入社できて働けて良かったと思える会社でした。

報告

勿体ぶるのもどうかと思うので言及しておくと次の職場は既に決まっており、2021年6月1日から、コンテナネイティブに特化したSRE支援事業、データ統合プラットフォーム事業、広告プラットフォーム事業を展開している株式会社スリーシェイクにてソフトウェアエンジニアとして働くことになっております。

3-shake.com

退職エントリーに書かれていることが本当に真実かは証明できませんし、主観で僕自身が振り返りをしているだけなので暇な方はお付き合い頂き読んでいただければと思います。

振り返り

人生を振り返るには今しかないので記載してます。

会社で何をしていたのか?

社内ではGMOインターネット株式会社でのホスティングサービスの開発と運用、お名前.comやいくつかの商材サイトが載っている社内コンテナ基盤の開発と運用、エバンジェリスト業務を行なっていました。いくつかの事例に関しては登壇資料や発表時に言及してましたのでどうぞ。

speakerdeck.com

入社まで

バックエンドエンジニアとしてアルバイトをしていたので、就活については、「プログラミング」がたくさんできる会社に入社したいとふわっと考えてました。
面接にはTシャツとサンダルで行き、粋ではなく威切った若者でした。それでも、いくつか受けた中で運良く内定をいただきGMOインターネットに就職することに決めました。

入社直後

虚無な社会人研修を終えて、私は社内にある多種多様なインフラ全般を扱う部署への配属となりました。入社前はOpenStack を開発する部署への配属を希望していましたが研修やOJT中にCIやIaCがないことに対してイキった発言をしたり、SNSでの一部の言動が社内で問題となり、配属を希望していたチームとは別のチームへの配属となりました。
しかし、配属直後から尊敬できるメンターの元でホスティングサービスの担当となり、Ansible を書いたりE2Eテストやインフラテストの自動化を行ったりとかなり充実してました。また、動いているものに対する責任を持つインフラエンジニアとして大切な姿勢を徹底的に叩き込まれて配属に感謝。 また、組織の中で仕事をしていく上で技術力だけで通用する割合の低さとカオスな環境に放り込まれて「コード読めばどうにかなる」はFake野郎の言論であることは本当に勉強になりました。

辞メンター

「やめんたー」と呼びます。別に呼び方はどうでも良いのですが、新卒2年目突入して直ぐに尊敬していたメンターの方が退職されて、その方が持っていた運用と開発業務を一気に巻き取ることになりました。日頃のドキュメント管理の重要性を学びました。この頃から一人でさまざまなタスクを任されたり、オンコールに入ったりと中途半端な仕事が許されなくなってきました。そして、それらを誇りに思ってました。

登壇とエバンジェリスト

日々の業務の運用・開発は楽しく満足していたのですが、自分の成果を社内の人に話してもイマイチ反応が悪かったので外部の方と話をしたくなって外部登壇をするようになりました。その一環でサイバーセキュリティに関するソフトウェア開発や研究、実験、発表を一年間継続してモノづくりをする長期ハッカソンSecHack365に会社の支援をいただきながら参加したりもしました。本当にありがとうございました。
そういった活動をしていく中で社内で技術広報チームというのが発足をして、そのメンバーに選ばれました。これは本当にただの幸運でした。採用やブランディングが目的でも自身の登壇やブログの執筆、研修講師、イベント準備を業務時間で行えて、それらが個人の評価に繋がるのは嬉しかったです。自分ともう一人のメンバーはITエンジニア本大賞2021の技術書部門とかに選ばれて格の違いというのを見せつけられましたが非常に刺激になりました。

転職

なぜ、やめるのか?

主にこのパートでは誰かの評価が落ちることは覚悟しなければならないのですがあまり言及したくないので退職エントリーの中で一番面白く、皆様が楽しみにしているこのパートは飛ばします。現職のどこに不満を持っていて、そのうち、どこに改善の余地があり、妥協するべきであり、現職でそれが叶わず。次の職では何を期待するのか、についての思慮を重ねた結果としか言えません。そんなに大きな不満もなかったのですが普通に対面であればいくらでも喋るので気になる場合は飲みにでも誘って聞いてください。

syu-m-5151.hatenablog.com

まとめ

雑な報告となりましたがこれからも、クラウドネイティブコミュニティ界隈ですし、登壇も続けていこうと思います。 また、皆様とは違う形で出会えると思いますが 「さよなら、インターネットと思春期」の終わりにです。