Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

BGP<基本設定について>

BGP基本設定

  • 1、BGPルーティングプロセスの有効化
  • 2、ネイバーの設定
  • 3、BGPルートの生成


-BGPルーティングプロセスの有効化-

 

(config)#router bgp <AS>
(config-router)#

 

※BGPプロセスは1つしか有効化できません


-BGPネイバーの設定-

BGPではネイバーを手動で設定しなければいけません。

 

(config)#router bgp <AS>
(config-router)#neighbor <ip-address> remote-as <AS>

 

EBGPネイバー、IBGPネイバーはrouter bgpコマンドの<AS>とneighbor remote-asコマンドの<AS>によって決まります。

 

※AS番号が異なっていればEBGPネイバー、同じであればIBGPネイバーとなります。


-BGPルートの生成-

BGPネイバーを設定すれば、そのネイバーからルートを受信また、BGPルートをアドバタイズすることができます。

※EBGPネイバーだけがこのような動作が可能、IBGPはスプリットホライズンのルー ルにより動作が異なる。

 

自ASないのネットワークのルート情報をBGPルートとして生成するためには、次の3通りの方法があります。

・networkコマンド
・AS内のIGPからの再配送
・aggregate-addressコマンド

 

●ここでではnetworkコマンドについてだけ解説します

 

(config)#router bgp <AS>
(config-routr)#network <address> [mask <subnet-mask>]

 

networkコマンドにより指定したルート情報をBGPテーブルに載せてベストパスとします。クラスフルなネットワークアドレスの場合はmaskオプションは必要ありません


networkコマンドが機能するためには条件があります。

それは「networkコマンドで指定したルートと完全に一致するルートがルーティング

テーブルに存在していなければいけない」ということです。

 

※ルートの情報元はRIP,OSPF、EIGRP、STATICなどなんでも構いません

※「完全に一致」している必要があります!!!