Debug・BGPコマンドメモ書き(Cisco)

IOSのヴァージョンによっては使えないかも
【<   >:数値を代入|[   ]:詳細設定などで追加記入】

■Debugコマンド使用時に
【ハードウェアの状態取得】
 #show process cpu

  CPU使用率を表示
 #show process memory

  メモリ使用率の確認
 #show logging

  機器のログ出力先・バッファの確認

 #show ntp associations

 NTPサーバと同期されているかどうか

【ログ設定】
 (config)#service sequence-number
  ログのメッセージにシーケンス番号を表示
 (config)#service timestamps debug datetime localtime msec

  ルータの時刻をミリ秒単位でデバッグの結果に出力

 (config)#no logging console
  ルータのデバッグの出力はデフォルトでコンソールに送信される

  コンソールにデバッグを出力すると、コンソールからの入力不能

  CPU使用率が100%に達する事があるため無効推奨
 (config)#no logging monitor 
  デバッグ情報をリアルタイムにVTYセッションに送信しない
  デバッグを別のサーバに出力する場合は送信する必要がないため
 (config)#logging x.x.x.x
  ログの出力先を指定
 (config)#logging persistent url flash:/LOG size xxxxx filesize xxxxxx
  ログを指定したPathに保存
 (config)#logging host x.x.x.x
  Syslogサーバを指定(サーバ側は514/TCPUDPを許可しておくこと)
 (config)#logging buffered [<size>] [<severity>]
  ロギングバッファを設定。デフォルトでsizeは4094バイ
  severityを指定すると指定した値以下を送信する
 #show logging
  ロギングバッファが指定されていればログを出力する

【debugコマンド】
 #show debug
  現在のdebug状況
 #no debug all (undebug all)
  全デバッグコマンドを無効。検証終了時に忘れずに入力
 #terminal monitor
  デバッグの出力を端末に表示
 #debug ppp authentication
 #debug ip ospf adj
 #debug ip eigrp packet
  認証ミスがある場合は"authentication Mismatch"と表示
 #debug ip packet [detail <acl-number>]
  全パケットを検証。ほとんどの場合拡張aclで出力を制御
  拡張aclには出力するパケットに関してpermitする

■BGP(使った試しがない為、調べた分だけ)
【BGPの確認】
 #show ip bgp [summary] [x.x.x.x]
  BGPテーブルを表示
 #show ip bgp neighbor
  BGPのネイバーを表示
 #show ip bgp neighbor | include BGP state
  BGPステートを一覧表示

【BGPのプロセス】
 (config)#router bgp <AS-number>
  BGPのプロセスを起動
 (config-router)#network <x.x.x.x> mask <networkmask>
  流す経路情報を指定
 (config-router)#neighbor <x.x.x.x> remote-as <AS-number>
  ピアを確立するルータのIPとAS番号を指定
 (config-router)#[no] synchronization
  BGP同期の無効・有効化
  BGP同期はIOS12.2(8)T以前のルーターでデフォルトで有効

・BGP経路はまだ調べてない為割愛
 
参考ページ
ttp://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/100/1008/1008436_debug-j.html
ttps://supportforums.cisco.com/ja/document/109691#hdr-7
ttp://www.infraexpert.com/study/tea1.htm
ttp://www.ccstudy.org/study/bgp/basic/basic.html